不倫・浮気密告代行の実績4《006》

不倫・浮気密告代行の実績|代行堂

 

 

携帯電話への不倫密告と、メール送信の事例です。

お問合せからやり取りを始めて、そのままお申込みいただきました。

 

お付き合いしている彼女様が元旦那とまだ会っているというご相談でした。

元旦那への電話。
設定はお伝えできませんが、もう彼女と会うのは止めて欲しいと代行。

彼女様へのメール。
元旦那になりすまし、もう会えない、との内容で送信。

 

なりすましメールがバレるかどうかは、なりすました人(送信したことになっている人)に直接聞かれるとバレてしまいます。

また、内容が本人が送っているとは到底思えないものでも違和感を与えてしまい、直接連絡をされる原因となってしまいます。

 

よく「どうすればバレないか?」というご質問をいただきます。

「バレない方法ってありますか?」

と聞き返すのですが、あくまでもなりすましであり本人ではないので、直接連絡をされてしまえばバレてしまいます。

連絡をされないような内容を考えて、連絡される可能性を低くするしかありません。

代行堂はお客様の事情に沿った内容を一緒に考え提案いたします。

 

お悩みを解決しましょう!
自分じゃ言えないこと・できないこと
一人で悩まずに代行堂にお任せ!

お申込みをする

無料でお問合せしてみませんか?
おご不明な点があれば、お気軽にお問合せして解決しましょう。

お問合せをする